2021年モデルMT-07、MT-09/SP、TRACER9 GTがリリースされました!

昨年の秋に北米やヨーロッパで公開されて以降、数多くのお問い合わせを頂いておりました、2021年モデルのMT-07、MT-09シリーズ、TRACER900 GTが正式にリリースされました!

主な仕様は既に海外で公表されていた通りとなりますが、一つ一つご紹介していきます。

軽量な車体とトルクフルな2気筒エンジンの組み合わせによる抜群の扱いやすさが人気のMT-07。

2021年モデルでは欧州の新環境規制EURO5へ適合するとともに、外装を全面刷新。「MTシリーズらしさ」を感じさせつつも全く新しい新世代のデザインへと変化しました。

大幅に変化したデザインに目が行きがちですが、エンジンやシャーシは従来モデルを踏襲しており扱いやすさとスポーティーさのバランスがとにかく良い。

街中で通勤に使っても苦戦せず、休日にワインディングロードを走れば気持ちよく駆け抜けられる。日常も非日常もどちらもこなせる、懐の深さも魅力です。

大型バイクとは思えない気軽さと、操る楽しさに溢れたベテランからビギナーまで広くオススメのモデルです。

2021年モデルのカラーリングは、アイコニックなバーミリオンホイールと組み合わされた「パステルダークグレー」を筆頭に、車体全体がブラックアウトされた「マットダークグレー」、そしてYZFシリーズでも採用されている「ディープパープリッシュブルーメタリック」の3色となっています。

2021年モデルMT-07は7月28日発売予定です。

続いてご紹介するのがMT-09、及び上位グレードとなるMT-09SPです。

軽量ハイパワーな3気筒エンジンを搭載したMT-09シリーズは2021年モデルでついにフルモデルチェンジとなりました。

エンジン、シャーシを新設計し、YZF-R1同様のYCC-T(電子制御スロットル)や6軸IMUを用いたトラクションコントロールシステムも新たに採用。大幅な電子制御化が図られています。

過激な乗り味に定評のあったMT-09ですが、YCC-TやIMU等各電子制御を用いることで、エキサイティングな味わいはそのままにより扱い易く、楽しみやすいモデルとなっています。

2021年モデルのMT-09のカラーリングはMT-07同様の「パステルダークグレー」、「ダークグレーメタリック」、「ディープパープリッシュブルー」の3色での発売となります。

また、既存モデルに引き続き、上位グレードとしてMT-09 SPもラインナップされます。

こちらは専用カラーリングと足回りのアップグレードが施されており、専用設計のKYB製フロントフォーク、及びオーリンズ製フルアジャスタブルサスペンションを採用しています。

発売はMT-09 SPが7月27日発売予定、MT-09(STD)が8月26日発売予定となります。

最後にご紹介するのがスポーツツアラー、TRACER9 GT。

2021年モデルMT-09とエンジンやメインフレームを共通としていますが、各部をスポーツツアラーとして最適化。

快適性の高いフェアリングを装備しやクルーズコントロールシステムやグリップヒーターも標準搭載することでツーリングでのユーティリティーを大きく高めたモデルとなっています。

2021年モデルのTRACER9 GTではKYB製電子制御サスペンションを搭載。IMU(6軸センサー)と連動し最適な動作をすることで乗り心地や走行フィールをハンドルスイッチで容易にコントロールすることが可能となっています。

ロングツーリングに向けた豊富な純正オプションも用意されています。

カラーリングはYZF-R1MやMT-09SPとリレーションした「ブルーイッシュホワイトメタリック」、鮮やかな赤がスポーティーな「ビビッドレッドソリッド」、落ち着いた雰囲気が上品な「マットグリーニッシュグレー」の3色。

スポーツ性、安全性、快適性のどれもが大幅パワーアップした新型TARACER 9は、7月28日発売予定です。

以上、いかがでしたか?

各モデルとも順次入荷予定ではありますが、初期の入荷台数はやや少なめとなる予定です。

お客様にはご迷惑をお掛けしますが、昨今の事情もあり思う様に車両をご用意できない状況が続いております。

早期の納車をご希望と言う事であれば、是非お早目にご来店の上、ご予約いただければと思います。

お気軽にお問い合わせ、ご来店くださいませ。

今回ご紹介した車両について、もっと詳しく知りたい!というお方はよろしければヤマハ発動機ホームページをご確認下さい。>>>>>ヤマハ発動機